オリンパス最新型内視鏡(GIF-1200N)導入しました(島内初)。

2020年3月4日、オリンパスから新型内視鏡が発売され4月8日当院にも導入しました(淡路島で導入されたのは当院のみ。兵庫県内では4施設め)。 今回、発売されたスコープは、先端外径は5.4㎜を維持しつつハイビジョン化され、また新開発のCMOSイメージセンサーの搭載により、 画像ノイズも少なくなり、よりクリアな画像が得られるようになりました。また明るさもピント機能も向上し、微細な血管、表面構造もリアルに映し出せるようになりました。早期の消化器癌を見つけるために活用したいと思います。